毎回好評!今回の旅の舞台は京都!あじさいツアー2018年夏の特別企画!京都伏見稲荷大社・宇治平等院・東寺!

  1. 宇治平等院 ※イメージ宇治平等院 ※イメージ
  2. 伏見稲荷大社 ※イメージ伏見稲荷大社 ※イメージ
  3. 東寺 ※イメージ東寺 ※イメージ
  4. オークラホテル丸亀 ※イメージオークラホテル丸亀 ※イメージ
  5. 京料理 ※イメージ京料理 ※イメージ
  6. 瀬戸内の食材を使った会席料理 ※イメージ瀬戸内の食材を使った会席料理 ※イメージ
  7. 博多名物 水炊き御膳 ※イメージ博多名物 水炊き御膳 ※イメージ
コース番号 旅行代金 日程 お食事
C18002 34,800 円 2泊3日
【朝】2回【昼】3回【夕】2回

ここがオススメ!このツアーのおすすめポイント!

2018年あじさいツアー夏の特別企画、今回は長崎バス観光で巡る京都の旅!
海の上に浮かぶホテルとして好評いただいている阪九フェリーの船旅を満喫しながら九州から関西へ。千本鳥居で有名な「伏見稲荷大社」をはじめ、世界遺産にも登録されている「宇治平等院」「東寺」の見学など“歴史と文化の香りただよう町、古都京都”をご体感ください!2日目の宿泊は今年開通30周年を迎えた瀬戸大橋を一望できる展望大浴場が魅力の「オークラホテル丸亀」!
さらに旅の醍醐味であるお食事は、博多の水炊きに始まり、彩り鮮やかな京料理、瀬戸内の旬な食材をふんだんに使った会席料理、尾道のタコ飯(※)など旅先の名物をご堪能いただきます!

◇◆今回巡るスポットをご紹介!◆◇
■宗像大社
あらゆる道を司る交通安全の神様を祀る神社。全国に6000余社ある宗像神社の総本宮です。世界遺産『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』のひとつ。
■いのちのたび博物館
足を踏み入れた瞬間、2億年前にタイムスリップ!恐竜の等身大骨格標本は迫力満点!
■伏見稲荷大社
全国におよそ3万社ある稲荷神社の総本山。本殿奥の参道に朱色の鳥居がずらりと並ぶ「千本鳥居」は圧巻です。
■月桂冠記念館
伏見といえば日本酒!酒づくりと日本酒の歴史や文化を伝える記念館です。建物は明治時代に建てられた酒蔵を改装したものです。
■寺田屋(入館料400円が必要です)
酒蔵の町に立つ船宿。坂本龍馬ゆかりの地として有名です。
■宇治平等院
10円硬貨に描かれている、皆さんご存知「平等院鳳凰堂」。池の中島に建てられ、水面に映し出される姿は美しく荘厳です。
■東寺
京都のランドマークとして有名な「五重塔」は、高さ約55m。木造建築物としては日本一の高さを誇ります。現在の塔は5代目で、1644年に再建されました。
■耕三寺
「西の日光」と呼ばれる耕三寺。別名「母の寺」。本堂や多宝塔など15棟が国の登録有形文化財に指定されています。

スケジュール

集合時間 7:40
【1日目】
ココウォーク茂里町(8:00発)=諫早=大村=川登SA(休憩)=博多はねや総本家(昼食)=海の道むなかた館・宗像大社(見学)いのちのたび博物館(見学)=新門司港~【阪九フェリー】 泉大津港ゆき
【2日目】
~泉大津港(6:20発)=桂川PA(休憩)=伏見稲荷神社(参拝)月桂冠記念館(見学)・・・寺田屋(入場料別途400円必要)黄桜酒造など自由散策宇治平等院(見学)東寺(昼食・見学)=京都おたべ(見学)=淡路SA(休憩)=津田の松原SA(休憩)=オークラホテル丸亀(18:40着予定)
【3日目】※
ホテル(7:45発)=《高速》=福山SA(休憩)=《しまなみ海道》=耕三寺(見学)・・・瀬戸田(昼食)=宮島SA(休憩)=美東SA(休憩)=古賀SA(休憩)=大村湾PA(休憩)大村=諫早=ココウォーク茂里町(19:50着予定)

1泊目阪九フェリーのお部屋変更をご希望の方は予約フォーム備考欄に「1泊目等級変更希望」とご記入ください。スタッフより後ほどご連絡差し上げます。

空席状況・予約申し込み

日付をクリックすると、予約画面に移動します。

:空席あります
:残席10〜6席
:残席5〜1席
:満席です
催行決定
:出発が決定しています
催行中止
:中止が決定しています
受付中
:予約受付中です

旅行条件・キャンセル料金等

旅行条件・キャンセル料金等につきましてはこちらをご覧ください


ご不明な点は長崎バス観光旅行センターまでお電話にてお問い合わせください。
長崎バス観光旅行センター 
TEL:095-814-8501(10:00〜19:30/土日・祝営業)

このツアーを見た人はこのようなツアーも見ています

  1. 史跡料亭「花月」の宴と1000万ドルの「夜景観賞」ツアー

    • 日帰り
    • コース番号:B0001
    • 37,000 円

    1642年創業の花月は今までに数々の文人墨客が訪れています。中でも坂本龍馬が酔って切りつけたとされている刀傷が床材に残る「竜の間」や日本最古の洋間「春雨の間」がその歴史を感じさせます。さらに、世界新三大夜...

    空席状況・詳細を見る
    長崎
    市内観光ツアー
検索結果一覧へ戻る