祝!世界遺産決定「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」天草「﨑津集落」 バスでゆったりプラン

  1. 﨑津教会 ※イメージ﨑津教会 ※イメージ
  2. 昼食 海鮮御膳 ※イメージ昼食 海鮮御膳 ※イメージ
コース番号 旅行代金 日程 お食事
C18144 7,580 円 日帰り
下田(海鮮御膳)

ここがオススメ!このツアーのおすすめポイント!

『長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産』世界文化遺産登録決定!
その構成資産『天草の﨑津集落』を訪ねるツアーをご用意いたしました!
貸切バスに乗って、天草へ出かけてみませんか?
﨑津集落内は現地ガイドの案内つき!

﨑津集落は、熊本県天草市河浦町に位置しており、江戸時代の禁教期には仏教・神道・キリスト教が共存し、漁村特有の信仰形態を育んだ地域です。
集落のシンボル・﨑津教会は『海の天主堂』として知られており、禁教が解かれた後の1934年に弾圧の象徴「絵踏み」が行われていた庄屋役宅跡に建てられました。堂内は国内でもめずらしい畳敷きとなっています。
天草の中で最も歴史のある資料館『天草キリシタン館』では、南蛮文化や島原・天草一揆、隠れキリシタンなど、400年にわたる天草地方のキリシタンの史資料を展示しています。国の重要文化財であり、佐賀鍋島藩が一揆軍から奪い保管されていた、世界三大聖旗『天草四郎陣中旗』もご覧いただけます。

昼食は天草の海の幸を贅沢に使った「海鮮御膳」をご堪能下さい。

※旅行代金には食事代・施設入場料が含まれています。

スケジュール

集合時間 6:40
茂里町ココウォーク(7:00発)=口之津港~<フェリー>~鬼池港=﨑津集落・﨑津教会=下田(昼食)=天草キリシタン館=天草海鮮蔵(お買物)=鬼池港~<フェリー>~口之津港=茂里町(18:00着予定)

※平日出発の茂里町帰着時間は18:30を予定しております。

空席状況・予約申し込み

日付をクリックすると、予約画面に移動します。

:空席あります
:残席10〜6席
:残席5〜1席
:満席です
催行決定
:出発が決定しています
催行中止
:中止が決定しています
受付中
:予約受付中です

旅行条件・キャンセル料金等

旅行条件・キャンセル料金等につきましてはこちらをご覧ください


ご不明な点は長崎バス観光旅行センターまでお電話にてお問い合わせください。
長崎バス観光旅行センター 
TEL:095-814-8501(10:00〜19:30/土日・祝営業)

このツアーを見た人はこのようなツアーも見ています

  1. 美しい紅葉に染まるベストシーズンに行く 世界遺産「宮島厳島神社」と日本三名橋「錦帯橋」

    • 日帰り
    • コース番号:C18179
    • 13,800 円

    1996年に世界文化遺産に登録された宮島・厳島神社。秋の紅葉に染まる期間は、宮島が最もにぎわいを見せる季節です。島内全体が紅葉に染まり、厳島神社も赤や黄色に包まれます。東京の日本橋、長崎の眼鏡橋と共に日本...

    空席状況・詳細を見る
    広島
    あじさいツアー
  2. 2019年「あじさいツアー」冬の特別企画!絶景露天風呂のゆうゆう♪湯布院温泉!大分 杵築城下町散策と人情芝居

    • 宿 泊
    • コース番号:C19001
    • 22,800 円

    2019年あじさいツアー冬の特別企画、今回の目的地は、大分の名湯「湯布院」。「あこがれの温泉地ランキング」(※「じゃらん人気温泉地ランキング2018」調べ)全国第1位に選ばれるなど、名実ともに大人気の温泉地!1...

    空席状況・詳細を見る
    大分
    あじさいツアー
  3. 幻想のヌマスギ「九大の森」と「麻生大浦荘 秋の紅葉特別公開」

    • 日帰り
    • コース番号:C18187
    • 8,580 円

    九州大学と福岡県篠栗町が共同で整備・管理を行っている「九大の森」。インスタグラムの投稿がきっかけで注目を浴びている話題のスポットです。 およそ17ヘクタールある森の中には幻想的な風景が広がっています...

    空席状況・詳細を見る
    福岡
    あじさいツアー
  4. 長崎バスターミナルホテル1泊&★9:30出発★まるごと長崎車窓ドライブ乗車セットプラン

    • 宿 泊
    • コース番号:2018PACK
    • 8,300 円

    長崎に泊まる方はコレ!『長崎バスターミナルホテル1泊』と『まるごと長崎車窓ドライブ』の宿泊セットプラン! 長崎新地中華街すぐ近くにある長崎バスターミナルホテルに1泊していただき、長崎の観光名所20ヶ所以...

    空席状況・詳細を見る
    長崎
    あじさいツアー
検索結果一覧へ戻る