スイーツの試食あり!甘味文化が花開く平戸・スイーツめぐり!&天然ヒラメを食す旅

  1. 牛蒡餅(ごぼうもち) ※イメージ牛蒡餅(ごぼうもち) ※イメージ
  2. ケイジャーダ ※イメージケイジャーダ ※イメージ
  3. カスドース ※イメージカスドース ※イメージ
  4. 天然ヒラメ ※イメージ(3人前)天然ヒラメ ※イメージ(3人前)
コース番号 旅行代金 日程 お食事
C19046 7,580 円 日帰り
ホテル彩陽WAKIGAWA(天然ヒラメ御膳)

ここがオススメ!このツアーのおすすめポイント!

■江戸時代から伝わる平戸のスイーツめぐり!
古くからアジアとの交流が盛んであった平戸。西欧との交流が始まってからは、多彩な物資とともに西洋文化や南蛮菓子も伝わってきました。
江戸時代末期には平戸松浦家藩主により「百菓之図」という極彩色の菓子図録を編纂。およそ170年前に作られたお菓子は今も平戸で味わうことができます。
甘味文化が根付いた町・平戸でスイーツめぐりをしてみませんか?
スイーツの試食もご準備しております!!

★☆平戸を代表するスイーツ☆★
■カスドース
ポルトガルから伝来した黄金菓子です。
四角に切ったカステラを卵黄、熱したシロップにくぐらせ、グラニュー糖でコーティングされたお菓子です。
■牛蒡餅(ごぼうもち)
その色合いと形から牛蒡餅の名が付きました。米粉と砂糖のみで作り上げられています。
■ケイジャーダ
ポルトガル語で「チーズを使ったお菓子」を意味するケイジャーダ。
13世紀に修道院から広まったチーズ菓子が、サクサクのタルトと濃厚なチーズフリンクの姿で再現されています。

■昼食はこの時期が旬の「ヒラメ」!
平戸は全国有数の「天然ヒラメ」の生産量を誇ります。
甘く、ぷりぷりとした食感のひらめをご堪能ください!

※旅行代金には食事代・施設入場料が含まれています
※最少催行人員:30名

スケジュール

集合時間 7:10
茂里町ココウォーク(7:30発)=<高速>=亀岡神社(参拝)=ホテル彩陽WAKIGAWA(昼食)=平戸スイーツめぐり(試食・お買物)=森酒造場(試飲・お買物)=鮮鼓堂(めんたいこのお買物)=<高速>=茂里町(18:30着予定)

空席状況・予約申し込み

日付をクリックすると、予約画面に移動します。

:空席あります
:残席10〜6席
:残席5〜1席
:満席です
催行決定
:出発が決定しています
催行中止
:中止が決定しています
受付中
:予約受付中です

旅行条件・キャンセル料金等

旅行条件・キャンセル料金等につきましてはこちらをご覧ください


ご不明な点は長崎バス観光旅行センターまでお電話にてお問い合わせください。
長崎バス観光旅行センター 
TEL:095-814-8501(10:00〜19:30/土日・祝営業)

検索結果一覧へ戻る