2018年冬の特別企画指宿ゆ~ったり砂蒸し温泉と知覧特攻記念会館と知覧武家屋敷散策

  1. 指宿 砂蒸し温泉指宿 砂蒸し温泉
  2. 知覧武家屋敷庭園知覧武家屋敷庭園
  3. 黒麹豚の陶板焼き黒麹豚の陶板焼き
  4. 黒酢の桷志田黒酢の桷志田
  5. 黒酢の桷志田黒酢の桷志田
  6. 日本一の人物像 西郷隆盛像日本一の人物像 西郷隆盛像
  7. 桜島フェリーに乗船桜島フェリーに乗船
コース番号 旅行代金 日程 お食事
C18001 21,800 円 1泊2日 朝食:1、昼食:2、夕食:1

ここがオススメ!このツアーのおすすめポイント!

毎年恒例、2018年あじさいツアー冬の特別企画「鹿児島 指宿ゆ~ったり1泊2日!―砂蒸し温泉と知覧特攻平和会館、武家屋敷散策―」。 今回の注目は、指宿の「砂蒸し温泉」!一般的な温泉と比べ3倍以上のデトックス効果があると言われております。そして今回、その砂蒸し温泉1回分のチケットを無料進呈!寒い冬も身体の芯から温まっていただきゆ~ったりお過ごしください。さらに、今回も食事に注目!1日目の昼食は、老化防止など抗酸化作用があるとされる発酵食品に欠かせない「」。日本の約8割の焼酎が使用する麹「河内菌」を使用した黒麹豚の陶板焼きは贅沢!そして夕食は鹿児島県の食材をふんだんに使用した会席料理。2日目の昼食は「プロが選ぶ観光・食事・土産物施設100選※」に入選するなど、数多くの賞を獲得している「桷志田」で、有機玄米から作られた黒酢の料理をお楽しみください。観光名所も「知覧特攻平和会館」や「知覧武家屋敷」「西郷公園」「桜島」など、鹿児島県の見どころをご案内!鹿児島県を満喫できるツアー内容となっております。※旬刊旅行新聞主催

スケジュール

集合時間 7:40
【1日目】
長崎・茂里町(8:00発)=諫早=大村=高速=川登SA(9:40~9:55)=北熊本SA(11:10~11:25)=麹の里バレルバレー&GEN(見学・昼食)=西郷公園(見学・休憩)=溝辺鹿児島空港IC =鹿児島IC=指宿(泊16:10頃着)砂蒸し温泉
【2日目】
指宿(8:00発)=知覧特攻平和会館(8:55~9:50)=知覧武家屋敷(9:55~10:50)=鹿児島港(12:15)~桜島フェリー 桜島眺望 ~桜島港(12:30)=黒酢の桷志田(壺畑見学・黒酢料理の昼食) =国分IC=山江SA(15:30~15:45)=広川SA(17:15~17:30)=大村湾PA(18:35~18:45)=長崎(19:30頃着)

空席状況・予約申し込み

日付をクリックすると、予約画面に移動します。

:空席あります
:残席10〜6席
:残席5〜1席
:満席です
催行決定
:出発が決定しています
催行中止
:中止が決定しています
受付中
:予約受付中です

旅行条件・キャンセル料金等

旅行条件・キャンセル料金等につきましてはこちらをご覧ください


ご不明な点は長崎バス観光旅行センターまでお電話にてお問い合わせください。
長崎バス観光旅行センター 
TEL:095-814-8501(10:00〜19:30/土日・祝営業)

このツアーを見た人はこのようなツアーも見ています

  1. カメラマンから教わって今日から撮れる!【世界新三大夜景】長崎の夜景写真教室ツアー

    • 日帰り
    • コース番号:C18901
    • 3,000 円

    せっかく買った一眼レフカメラ、使いこなせていますか!?「カッコイイ写真を撮りたいと思って一眼レフを買ったけど上手に撮れない! ISO感度?絞り値?シャッタースピード?何のこと!?」そんな悩みや疑問を解...

    空席状況・詳細を見る
    長崎
    あじさいツアー
  2. 13:00発【毎日運行】まるごとながさき車窓コース2時間20分

    • 日帰り
    • コース番号:A0002
    • 2,800 円

    長崎の観光名所をバスの車窓から眺め、効率よく巡る「まるごとながさき車窓コース2時間20分」。4ヶ国の音声ガイドとバスガイド出身の女性運転手(※)が長崎の街をご案内いたします。坂道や細道、石畳道を走りながら...

    空席状況・詳細を見る
    長崎
    市内観光ツアー
  3. 9:00発【毎日運行】まるごとながさき車窓コース2時間20分

    • 日帰り
    • コース番号:A0002
    • 2,800 円

    長崎の観光名所をバスの車窓から眺め、効率よく巡る「まるごとながさき車窓コース2時間20分」。4ヶ国の音声ガイドとバスガイド出身の女性運転手(※)が長崎の街をご案内いたします。坂道や細道、石畳道を走りながら...

    空席状況・詳細を見る
    長崎
    市内観光ツアー
検索結果一覧へ戻る